リチャード・ギア、反中国発言でハリウッド追放 

リチャード・ギア、反中国発言でハリウッド追放

2017年4月24日 18時52分
リチャード・ギア、反中国発言でハリウッド追放

 映画『アメリカン・ジゴロ』や『プリティ・ウーマン』など大手スタジオのAリスト(一流クラス)俳優として活躍するも、反中国発言でハリウッド追放状態となったリチャード・ギアが、The Hollywood Reporter に胸の内を明かした。中国は今やアメリカに次ぐ世界第2位の映画市場となっており、ハリウッドが中国と親和性を高めていることはよく知られている。

 熱心なチベット仏教徒かつ人道主義者であるリチャードは、1993年のアカデミー賞授賞式でプレゼンターを務めた際、台本を無視し、中国によるチベット抑圧は「恐ろしく人権が侵害された状態」だと非難。激怒したプロデューサーにオスカー出禁にされるも、2008年には北京オリンピックのボイコットを訴え、2012年にもインドで行われた仏教イベントで中国について「世界で最も偽善的な国」を語るなど、臆することなく発言を続けてきた。

 仕事への影響を実感したのは『北京のふたり』(1997)でのことで、突然、スタジオからプロモーション活動をしないでくれと言われたという。「そのとき、MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)は中国と契約を結びたかったんだ。だからこの映画を捨てることにしたんだよ」。そしてリチャードは、ここ10年は大手スタジオの作品に出演していない。事実上のハリウッド追放状態について「中国が『彼が出ているならダメだ』と言うだろうからということで、僕が出演できなかった映画はもちろん何本もある。最近も、僕が出ていたら中国を怒らせるだろうから、出資はできないという話を聞いたばかりだ」と淡々と明かした。

 また、近年はインディペンデント映画界に活躍の場を移したが、中国での公開を見込んでいない小規模な作品においても圧力をかけられたことがあるとのこと。「中国の監督と仕事をすることに決まっていたのだが、撮影2週間前に彼から『申し訳ない。できなくなってしまった』と電話があった。安全な回線で話したのだが、もし僕と仕事をすれば、彼と彼の家族は二度と中国を出られない、二度と仕事ができない、ということだった」。

 しかし、リチャード自身はオスカー出禁や大作に出演できないことについては気にしていないようで、「もうタキシードを着る必要がないのはいいことだよ」「大作でしわくちゃのジェダイを演じることに興味はない。ここ30年で成功して、今は小さな作品ができているから」と語っている。(編集部・市川遥)



さすがリチャード・ギア
余裕があるゆえに媚びない気概のある成功者だな
中国は「世界で最も偽善的な国」とリチャード・ギアが爆弾発言


「ハリウッド」「中国資本」で検索すると
ハリウッドが中国とずぶずぶな関係になってきている記事がごろごろ出てきますな
中国の牛乳飲むシーンって…「中国食品なんて飲みたくね~~っ」(安全的な意味で)

まぁ体を張っても中国に媚びたいということはよくわかりました
私なら中国の牛乳飲むのは絶対断るわ

媚中になっているハリウッドが今後中国と一緒に衰退方向に行くのか
さんざ反日をやらかしてきたアンジェリーナ・ジョリーが激痩せの末にブラッドピットと離婚したように
ハリウッド映画も終わりへの道を歩んでいるのか
生温かい目で見ることにします

ハリウッド媚中の空気の中
「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ~poizon」
(1998年の歌…オーバー30の人は聴いたことあるはず。)
って毒づく人も多かろう中
言いたいことを言ったリチャードは漢だと思いました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emblemhitosuji.blog120.fc2.com/tb.php/625-053eae9f