友好とは言いなりになることではない 

安倍首相「友好とは言いなりになることではない」「鳩山元首相で失った信頼取り戻す」

藤田氏「70年の間に日本が対応すべき国々との関係が一番悪くなっている。これについてどう考えるのか」

首相「中国、韓国、北朝鮮、ロシア、日本の友人である台湾との関係を言ってらっしゃるんだろうと思うわけでございますが、中国や韓国は日本にとって、それぞれ重要な国だ。関係を改善すべく努力を進めているところでございます。

また海上連絡メカニズムにおきましては、第1次安倍政権のときに申し出て、その後、民主党政権の3代の総理大臣のときもそれは実現されていないわけでございますが、今回、それが実現される運びとなったということは申し上げておきたい。現在、北朝鮮につきましては拉致問題について、しっかりと調査するよう促している。

私の考えを申し上げておけば、ただ単にこちらの国益を削っていけば、いわば『友好』という状況を作っていくことはたやすいことであります。

しかし、これはまさに本末転倒であって、友好な状況は国益をしっかりと確保するためであります。そのためにしっかりと外交交渉を行っていくことは当然のことであろうと思う。ただただ、相手の言いなりに従っていけばいいのかといえば、そんなことはないわけでありまして、その中でわれわれも努力を続けているわけであります。


産経ニュースより


正論で拍手
民主党は真逆のことをしてくれてましたね
国益を損ねて韓国中国に利になるようなことをしてたから向こうのスパイと同じ
日本人ですらない集団でした。

安倍首相の
「中国、韓国、北朝鮮、ロシア、日本の友人である台湾との関係」
という言葉に吹きました
つまり台湾以外は友人でなく敵国と見なしていいっすねw

こんな正論をずっと言えなかったのがようやく言えるようになったことが嬉しいです
中国や韓国に媚びる姿勢って私が子供の頃からありましたからね
「日本は悪いことをしたから中国韓国に謝罪しよう」→ふーん
これが20年も同じネタでやってると
「いつまでやってんねん!!何回謝ればいいねん!しつっこいわ!!」と一般人でも思うわけです

そのネタ自体も両国のねつ造で実際日本は韓国に莫大な資金を出して発展させたわけです
中国は混乱状態で当時の先進国が分割統治していた中、日本統治の地域が安全だと人が集まったわけです
一番人道的に関わっていた日本にいつまでもたかり続ける
恩を仇で返すことしかしない国とは関わっても国益にはなりませんね
どんどん打ち切ってくれていいですよ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emblemhitosuji.blog120.fc2.com/tb.php/572-f935f647