スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またマスコミの偏向報道ですね 

■ヤジ認めた都議事務所、大量の生卵投げつけられる
(朝日新聞デジタル - 06月24日 01:29)
というのがありましたが
ちょっと待てこの女が腹黒だ

塩村あやか
元グラビアアイドル 元ミスコン6冠を「恋のから騒ぎ」で自慢

さんま「男と別れるのに、何か貰おうという発想がおかしいやないか!大体」
塩村文夏「だって、今まで付き合った人は、慰謝料くれたから!」
しおむら
さんま「どれくらいの金額?一番凄い人はどれくらい渡しはったんや?」
塩村文夏「1500万円」!
スタジオ「え〜〜〜!!」
泉谷茂「お前、詐欺師だな!」
しおむら

「他の人に、私は彼にこんな酷いことをされて泣いてるのよとアピールするために泣く」
2007年9月15日「恋のから騒ぎ」


wikipediaに6月20日まであった文章が消されてます
腹黒い女だとわかる歴史を削除
・銀座BALLYの店員から先生と呼ばれる彼氏と付き合っていた頃に300万円相当の洋服をプレゼントしてもらった。
・元彼から1500万円の慰謝料を貰って、イギリス留学へ行った。
・その元彼の部下イギリスまで、塩村文夏さんを口説きに行った。
・「交際している男性に妊娠したとウソをついたことがある」と語り、司会の明石家さんまとゲストで出演していた渡辺満里奈からあきれられた(さんま曰く「自分だったら絶対に許していない」)。
・別の回では、ゲストの関根勤がさんまと顔を会わせた際に、彼女の言動に対して非常に憤慨していたらしい。以来、さんまは塩村を指名するときに「関根勤さんの嫌いな女」と呼び、このネタを引っ張る。


「週刊文春」2014年4月24日号に塩村あやか議員の不倫疑惑

不倫をしたり男に貢がせて結婚しない女性が少子化対策
こんな人に都政を任せるなんて都民は正氣でしょうか



「安倍晋三さんは種無し西瓜じゃないですか。種無し西瓜に何がわかるというのですか!」
田中真紀子が安倍さんに飛ばしたヤジの方がきついです…
でもこれも報道されない
「自殺しろお前は」や「種無し西瓜」を報道せず不倫議員を被害者に見せかけて大々的に報道するってマスコミの偏向は酷過ぎます

安倍さんは子供が欲しくてもできなかったのに酷いヤジ
塩村議員は子供ができたら不倫している身では困るから子供は望んでいない


子供も結婚も望まずいいとこ取りをしたいだけの女性が少子化対策議員なんて
私は全く支持できません




オフィシャルページの写真
自分が可愛いって超自覚してるのが伝わってきます


腹黒い性格が顔ににじみでてる


もう一度書くけど
不倫して子供ができたら困る人が少子化対策とは滑稽
こんな性悪女の報道に騙される人も多過ぎ
都政任せて大丈夫か?舛添も在日寄り政策です
都民はろくでもない人ばかり選挙で選びましたね

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emblemhitosuji.blog120.fc2.com/tb.php/547-91e091eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。