リニア開発を急ぐ理由 

リニアの開発が進んでいますね
日本人が開発した新幹線技術が
中国に盗まれたことを御存じでしょうか?

ビジネスジャーナルより

中国 「CRH380A」は世界最高時速380キロ出るアル。国際特許取ったアル
日本 おい、それは川崎重工業が東北新幹線「はやて」をベースに技術供与したものだろうが!
中国 知らないアル。こっちは時速350キロアル。日本は250キロしか出ないからこっちが本家アル
日本 そんなバカな!新幹線は日本の発明だぞ
中国 もう国際特許取ったアルからこれから新幹線を作るたびに中国に特許代払えアル

そんなわけで
日本で新幹線を作るたびに中国に莫大な金を払わねばいけない状態になってます

時速で中国の方が速い数値なのは
中国は安全を考慮せずとにかく出た数値を発表していて
日本は安全に走れる安定平均速度で出している
こういう違いなんですけどね

だから中国は新幹線利権を守りたいのもあって
事故の後即行埋めていましたね
証拠隠滅
中国鉄道部「車両には国家機密レベルのテクノロジーが詰まっており、これらが盗まれるので現場で埋めた」と主張

↑新幹線特許利権>>>>>人の命

生存者が何人もいたのに生き埋めにしていたことが後からわかりましたね…
こんな重大事故なのに死者がたった35人なのはこういう理由↓



中国共産党式 重大事故報道 犠牲者35人の法則

1993年4月、遼寧省大石橋市の列車と大型バスの衝突事故35人死亡
1995年3月、遼寧省鞍山マーケットの火災亡して、35人死亡
1995年11月、山東省の40余り県(市) 暴風雨  35人死亡
1996年6月、雲南曲靖の偽酒事件、35人死亡
1997年5月、深セン黄田空港の飛行機事故、35人死亡
2001年8月、新疆の1寝台客車が用水路に突っ込む鉄道事故、35人死亡
2003年7月、河北省辛集市の煙火屋爆発、35人死亡
2003年7月、山東省棗庄炭鉱事故、35人死亡
2003年8月、貴州省三穂県、地滑り、35人死亡
2003年2月、貴州六盤水のガス爆発、35人死亡
2003年12月、遼寧鉄嶺の煙火屋爆発、35人死亡
2004年8月、山西臨汾の鉱山事故、35人死亡
2005年3月、江西上饒の境界内の高速道路爆発事故、35人死亡
2005年12月、河南新安炭鉱は落盤事故、35人死亡
2006年4月、山西忻州、爆発事故、35人死亡
2006年7月、湖南省の瑶崗仙のタングステンの鉱山区での洪水、35人死亡
2006年7月、広西の台風、35人死亡


死者36人以上の事故が起きた場合、市の共産党委員会の書記が更迭されることになっている。
そのため、事故が起きた当初から死亡人数は35人以下と決まっていた
http://www.12371.gov.cn/Item/102863.aspx
http://zhidao.baidu.com/question/297240686.html?pn=25



リニアは…なんとしても技術を守り通してくれ…日本!!
すぐ近くに泥棒国家があるのに無防備すぎる


そういやもう1つの泥棒国家のもくろみは外れたようですね
シャープ サムスンと提携中止
韓国はコピー機を作れないので日本のコピー技術を狙っていた

シャープと提携してコピー技術を盗むニダ

リコー・キャノン・ゼロックス
「ちょっと待て!複写機特許は数社共同だ!
サムスンと提携するなら違約金100億円払え」


違約金が莫大でシャープがサムスンとの複写機提携交渉打ち切り


韓国と手を組む者は負ける(倒産する・滅びる)
などの法則があると言われていますが
リコー・キャノン・ゼロックスは
複写機技術だけでなく
シャープを救った
ということになりますね

サムスンと手を切ったなら
シャープを応援したいと思います

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emblemhitosuji.blog120.fc2.com/tb.php/507-75463ab6