世界最古の皇室がおかしなことになってます 

国民を想い国民のために祈り祭事をつかさどる存在
天皇陛下
神道の最高位であり、新嘗祭など祭事をつかさどり五穀豊穣をお祈りしてきました
私を無くし公のためだけに祈る存在であらせられました

その皇室が新興宗教に浸食されてます
神道の長である皇室が新興宗教に組するのは
庶民で例えると神社の息子が新興宗教に入るものでありその時点で後継権利を放棄したようなものです

●東宮御所のある東京「信濃町」駅の周りが創価学会の聖地
(携帯電話を持ってカメラ撮影をすると尾行されますのでおやめください)(動画「信濃町 尾行」)
●浩宮様と雅子妃殿下の結婚式に創価学会の三色旗
パレード三色旗
こちらのサイトで別の三色旗写真
ブラジルで創価学会の式典に出席なさる浩宮様


いったいどうなっているんでしょうか?


適応障害で公務を10年放棄している雅子妃殿下は
公務は休むけれど
スキーや敬宮様の学校行事にはSPを伴ってお出かけになる様子

わりと詳しい
デヴィ夫人のブログ

少し抜粋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雅子さまの お父様の 小和田 恆(ひさし)氏は 現在79歳。
普通は 外交官として 最高の 外務事務次官を 終えた後は
引退なのに、 国連大使、 国際司法裁判所の判事 を経て
現在は 国際司法裁判所所長。
この 凄い キャリアには、 明らかに 皇太子妃の 
お父君としての 優遇が 感じられ、 
何かしらの 権力を うかがわせます。
そして、 その権力は、 ご自身の ロシア時代の部下や
外交官などを 次々と 東宮大夫職や 宮内庁に 送り、
雅子妃のガードを 固めているのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「小和田家の闇」についても検索してみてください

他にも皇室を詳細に調べているブログなどは多々ありますので
取捨選択してください

尊い血筋の御方を後部座席に座らせる庶民出の雅子妃殿下
車の上座
皇太子様を後部座席に追いやり権威を貶めた雅子妃殿下

公務はしないけれど
自分のやりたい私的外出は年間100日以上

そんなだからこういう記事も出てくるようになります

3月号の週刊新潮「皇太子殿下ご退位なさいませ」
ご退位


「皇室問題はわからない」と興味も持たずマスコミの誘導に流されているままだと
利用されるだけの人間になります

今年はいろいろなことが正される流れを感じます
私も今までは全く関心がなかったのですが
知っているとたくさんの陰謀が渦巻いていて面白いと思いました

それにしても
日本の歴史の根幹である皇室を利用しようとは
なんと畏れ多い…
皇紀2673年の歴史に敬意を表さずやりたい放題
バチが当たらなければよろしいのですが

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emblemhitosuji.blog120.fc2.com/tb.php/478-24e67109