有事に備えて 

■トランプが付きつけた「最後通牒」

「6年前の権力継承以来、核・ミサイル開発を加速させる正恩は、
今年に入っても、3度に亘って日本海へ向けてミサイルを発射させたばかりか、
異母兄・金正男を化学兵器・VXで殺害した。

それに対し、1月に就任したトランプは、オバマと異なり、
北朝鮮への先制攻撃をほのめかしている。
実際、韓国へのTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備を急がせ、
3月から始まった米韓合同軍事演習は過去最大級の規模に。

朝鮮近海に原子力空母を送るなど、
今年に入って、緊張は日に日に高まるばかりです」(外信部デスク)

4月の6~7日にかけ、トランプは、その北朝鮮の最大の“保護者”である中国の習近平・国家主席と会談。
しかし、最大の焦点である「北」問題については、〈平行線に終わった〉(4月9日付読売新聞)。

そして、〈中国が協力しない場合、北朝鮮に対して軍事オプションも含めた独自の行動を取る可能性を通告〉(同)した。
「会談の最中の6日、アメリカはシリアに対し、電撃空爆を行いました」と言うのは、ジャーナリストの相馬勝氏である。
「それと重ね合わせると、トランプは中国に対し、『最後通牒』を突きつけたに等しい。

このままでは、早晩、北朝鮮はアメリカ本土まで届くミサイルの開発に成功します。
核の弾頭化には既に成功していると見られていますので、米国が核攻撃の脅威に晒されることになる。
それだけは避けたいトランプは、中国に対し、石油の対北輸出停止など、北朝鮮への制裁を強め、
核を廃棄させるよう、要求したでしょう。


しかし、習近平の回答は曖昧なものに終始。そこで、独自行動について言及し、
もし動かないのなら、こちらがやるぞ、と脅しをかけたのです」




26日は韓国国内で動きがあった。

韓国は北朝鮮の弾道ミサイルに対応するために
アメリカの迎撃ミサイルシステム「THAAD」の
配備を急いでいるが、26日未明、THAADの発射台
とレーダーなどが南部・星州の配備予定地に搬入された。







いつ有事があってもおかしくない状態ですな
こんな緊迫状態の時に韓国にいる日本人って何なんでしょうね?
自殺願望者でしょうか?
そうでないならもうすぐ戦場になるかもしれないから自主的に避難すべし、ですね
命令がないと自分ではわからないほど判断力ないのかなこういう人達↓

国会では、北朝鮮がミサイルを発射した場合に、
国民に緊急情報を伝える「Jアラート」について
警報の仕組みなどが地方自治体に正しく理解
されているか、野党がただしました。

政府は「今、周知に努めている」と強調しました。
また、韓国に約6万人いる日本人を有事の際にどう
保護するかも議論になりました。



■ミサイル飛来を
「1発だけなら誤射かもしれない」朝日新聞が
過去の記事に書いていたと認め話題


↑新聞は希望的観測じゃなくちゃんと事実を書きましょう
これだけアメリカがわかりやすく北朝鮮に向けて
イージス艦や巡航ミサイル原潜、護衛艦部隊を配備してんのに
遊びでやってるわけないでしょう。


朝日新聞だけじゃなく池上彰の番組でも
「北朝鮮のミサイルは何かの実験ですよね。」
とすっとぼけたコメントしてたの忘れてないですよ。
池上と芸人の土田が言ってましたね


ちゃんと
北朝鮮有事に向けて周辺国民警戒しとけって言いましょう。
・当たり前だけど韓国に行くな
・今いる人はさっさと帰国しろ

日本人が自分で情報を得てそれぐらいのことは自分の頭で考えられるぐらいが理想

「アベ政治を許さない」バッジ 

大阪で
「アベ政治をゆるさない」バッジ
をつけたおじさんを見て引きましたが
おじさんの顔が北朝鮮系河村織物の社長の顔に似てたので
「あぁ北朝鮮の人か」と納得しました

拾い物
この人達「共謀罪」が通ったら逮捕されるのかな
日本人ではない