スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統産業とは 

伝統産業というものがそもそも


どの場所で作られたか?

というのが重要

名称に地名が入っていることからもわかりますね

伝統工芸は各都道府県にそれぞれありますが
たとえば
「伊勢和紙」を他の都道府県で作れば伊勢和紙とは呼べません
「伊勢和紙(いせわし)とは、三重県伊勢市で漉かれた和紙のこと」
であり他の地方で技法や材料を真似て作られたものは
よく似た偽物でしかありません


外国でもペルシャ絨毯をペルシャ地方(イラン周辺)でなく
中国や韓国で作られたらそれは「偽物ペルシャ絨毯」でしかなく
「ペルシャ絨毯」とは呼べません

西陣織も「京都の西陣地方」で織るから西陣織りであり
他の都道府県
ましてや外国である北朝鮮や中国で織られる物など
西陣織の偽物でしかありません

偽物が値崩れを起こすのは当然
そもそも売る価値のないものです


技法と材料だけ真似れば伝統が名乗れるなど
それは伝統がない国の考え方

偽物を作り続けて恥も感じない
中国と同じメンタルを感じます

「西陣織が西陣以外で作られたら偽物やろ」
本来この一言で終わる話です
それぐらいのことは日本人なら言わなくても理解していますが
伝統産業がない国の方ならご存知ないかと思い
少し丁寧に説明を加えてみました

まとめますと
・河村織物は中国や北朝鮮の工場で作った織物を西陣織と称して売っている
それだけでなく
・河村織物は朝鮮総連とも関わりがある(ホームページより)
・河村織物は経済産業省に「北朝鮮への制裁を緩めてくれ」という陳情書を提出(国会質疑より)
・平成11年に前原誠司と訪朝した際、高麗ホテルで前原とよど号ハイジャック犯密会の仲介をしたことになる



これだけの情報が出てくると
「危険な会社」と認識しますよ
普通の日本人ならね

スポンサーサイト

草津温泉口コミ炎上事件 

「じゃらん」はよく利用する宿予約サイトですが
その口コミ欄でネット炎上するやりとりがあったらしいです

kusatu

楽しい旅行がしたかったら, もう一回考えて予約すべき宿です。お客さんに対するおもてなしとか, サービス精神が ぜんぜんない所でした。5万円と言う高い値段で、期待して泊まったのに 、サービスとか、食事は3000円のビジネスホテルの方が良いと思うほど失望して、もう二度と、草津温泉は行きたくないです。

宿
宿泊施設の商品でもある客室を壊した上に会計もせず逃げようとした挙句
警察を呼び裁判を起こす韓国領事館に連絡するなど暴言暴挙を3時間もの間
繰り返して他の宿泊客や近隣の住民にまで迷惑をかけたのは御客様です。

御自分の都合が悪くなるとハングル語で話し出し会話にならない
どの様な事を書かれても構いませんがサービス云々の前に会計はして下さい
『おもてなし』以前の問題だと思います。


ネット上で
「なんで口コミで客を特定できるの?」と宿を疑ってる声があるけど
この宿とプランを調べたら
宿の客室数は全体でも10室
さらにこの客が泊まったとされる「一番人気です♪露天風呂付和室」は1部屋のみ
7月12日投稿で7月の口コミ
この辺で客が絞られるし
仮にこの客がじゃらん経由で予約していたらじゃらんでどの名前かすぐわかるでしょう 

5万が1人の値段なら高いけど
朝夕食事付で露天風呂付で1人25000円ならまぁ相場


宿の書いたことが事実なら
これ客じゃなくて犯罪者やろ・・・
損害賠償で訴えていいレベルだわ

J-castニュースによると
草津温泉旅館協同組合の事務局長は、取材に対し、クチコミ上で旅館を批判した韓国人とみられる人から電話があり、旅館が主張したことについて、「事実無根」だと抗議があったことを明らかにした。
http://www.j-cast.com/2014/09/26216926.html?p=2

本人から電話があったことで
この話は事実だったということですね

ネット炎上ニュースの紹介でした

追記
10月から新ネタがでていない古い事件なので新ネタが出ない限りこのまま放置です
客も旅館も両者イメージを落としただけ、という結果になってますね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。