「ありがとう」と言われるのが嫌な韓国 

韓国では「ありがとう」という言葉は失礼にあたる
というのを「韓国男子と付き合って韓国が嫌いになった日本女子のブログ」で初めて知ったときは驚きました

個人的感想としては
そんな意味不明な感性の国があるのか?と思いましたが
呉善花氏の著書「続スカートの風」にも「ありがとうは韓国人にとって失礼な言葉」と書いてますし
他の韓国系ブログでも同じエピソードが書かれているので事実なのでしょう

理由は
●夫婦や親しい友達なら一心同体なのによそよそしい・冷たい
●「ありがとう」という言葉は上の者が下の者にかける言葉で見下している
という理由で「ありがとう」は韓国人にとって言われて嫌な言葉だそう


恋人や親しい友人とは一心同体・むしろ自分、というように同化することこそ仲の良さだそう
人の歯ブラシを使ったり、人の家の冷蔵庫を勝手に開けて飲食したり…といったエピソードも
韓国人にとっては「だって仲が良い=私とその人は一心同体だから」
というものらしい

・・・・・・・・・・・・引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
韓国男子が礼儀正しくなるのは「自分より強い、もしくは地位が上、年上」の
人間に対してだけ。それ以外の人間関係はズブズブです。
大体、カノジョや友達のカバンの中やら財布の中やら
勝手に見たりする人たち(悪気は無い。韓国では普通のこと)の
どこに礼節があるっちゅーねん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
付き合ったら一心同体
だからペアルックも当たり前
お前の財布は俺の物
ジャイアンか!ってツッコミ入れるわ


・・・
今まで何カ国か行ってきたけど
「ありがとう」が失礼にあたる国ってあったっけ???
英語圏でも「excuse me」と「thank you」は最も使用頻度が高かった言葉だし
みんな連発していた
韓国人だけがどちらも不快で失礼にあたる…とな
…ありがとうがダメなら国際社会で韓国人は馴染めそうもないな


呉善花(お・そんふぁ)氏の続スカートの風
日本人には理解できない一般的な韓国人感性が書かれている

続 スカートの風(チマパラム)―恨(ハン)を楽しむ人びと続 スカートの風(チマパラム)―恨(ハン)を楽しむ人びと
(1991/10)
呉 善花

商品詳細を見る

発行年数が経っているが韓国人はほとんど変わっていない

面白かった本 

最近読んで面白かった本

ヘンリー・S・ストークス
「連合国戦勝史観の虚妄」(2013、祥伝社新書)

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
(2013/12/02)
ヘンリー・S・ストークス

商品詳細を見る

ファイナンシャルタイムやニューヨークタイムズの東京支局長を50年以上務めた著者が
英国人の立場も交えてあの戦争を振り返る
あの戦争は「白人対有色人」の戦いでもあったことと
有色人種が初めて白人に勝った日露戦争から
世界の様相が変わってきたことや
日本の強さがなければ白人は優遇、有色人は白人植民地での奴隷
という構図が変わらなかったであろう、ということを語る


三橋氏の小説仕立ての本も好きです

真冬の向日葵
真冬の向日葵 ―新米記者が見つめたメディアと人間の罪―真冬の向日葵 ―新米記者が見つめたメディアと人間の罪―
(2012/09/11)
三橋貴明、さかき漣 他

商品詳細を見る

安倍~麻生政権のときの偏向報道をほぼノンフィクションで書いてます
安倍を財倍、麻生を朝生と変えてはいますが
毎日新聞変態報道や安倍や麻生への言葉狩りなどあの頃の事件がわかります


コレキヨの恋文
コレキヨの恋文 新米女性首相が高橋是清に国民経済を学んだらコレキヨの恋文 新米女性首相が高橋是清に国民経済を学んだら
(2013/04/19)
三橋貴明、さかき漣 他

商品詳細を見る

2・26事件で暗殺された高橋是清についてわかる本
経済学に長けた是清に新米総理が教わればどうなるか?
是清の時代と現在の時代がこれほど似通っているのかと興味深い本


ギリシアから来たソフィア
希臘から来たソフィア希臘から来たソフィア
(2013/03/02)
さかき漣

商品詳細を見る

なぜギリシアは破綻したのか?
ドイツやフランスなどにうまく吸われてしまったギリシアの様子を
わかりやすく書いている
ギリシア神話のオリンポスの神々と
日本の伊勢神宮や八百万の神神話にも言及している



韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由
韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由
(2012/10/11)
崔 碩栄

商品詳細を見る

まともな韓国人が書く本はそれだけで貴重
修学旅行や花見なども日本由来だがそれは楽しいから無くそうとしない、という冒頭も面白い
実際の韓国の教育がどのようなものか知ることができる
著者も語っているが80年代に突如反日運動が激化して
その火付け役が朝日新聞や吉田清治ということは明白なのだから
朝日新聞と吉田は日本侮辱罪と詐欺罪や偽証罪で
さっさと裁けばよいと思う